矯正歯科(マウスピース矯正)|品川区中延の歯科医院|中延デンタルクリニック

新型コロナウイルス対策について

キッズコーナー完備

1dayセラミック治療対応

小児歯科

ネット予約・お問い合わせ

各種保険取扱い/新患・急患随時受付

03-6426-9959

東京都品川区中延3-2-3 T&Y中延1F

矯正歯科(マウスピース矯正)

患者さま1人ひとりに適した矯正治療をご提案します

矯正治療

中延デンタルクリニックでは、歯並びや咬み合わせを改善する矯正治療を行っております。見た目の改善はもちろんですが、無理なく適切な咀嚼ができることやケアをしやすくすることという矯正治療の本質にもしっかりこだわっています。現在、歯並びや咬み合わせでお悩みの方はぜひ、お気軽にご相談ください。

矯正治療のメリットについて

咀嚼力アップ
咬み合わせが悪いと食べものを噛みづらくなります。矯正治療によって咬み合わせを改善すればおいしい食事ができ、唾液の分泌が促進され消化吸収も向上します。

虫歯予防
歯並びを改善するとブラッシングがしやすくなり、お口の中を清潔に保つことができ、虫歯予防につながります。

発音改善
歯並びや咬み合わせが悪いと発音が悪くなることがあります。また、他人にそれを指摘されコンプレックスになる場合もあります。矯正治療で歯並びを改善すれば、発音がしやすくなり、コンプレックスも解消できます。

美しい笑顔
歯並びの悩みがあると笑顔に自信が持てなくなり、歯を見せて笑うことに抵抗を覚えます。矯正治療で歯並びを改善することにより、自然な笑顔で人と接することができます。

目立たない矯正装置による快適な矯正治療をおすすめしています

中延デンタルクリニックでは、一般的なワイヤー矯正はもちろん、矯正装置の見た目が気になるという方のために、審美性にこだわった目立たない矯正装置を多数ご用意しています。患者さまのライフスタイルやご要望に合った矯正装置をご提案いたします。

舌側矯正

舌側矯正

舌側矯正は、歯の裏側に貼り付けたブラケットにワイヤーを通して歯を移動させます。歯の裏側に装置を取り付けるため、通常の方法に比べて審美性が高く、目立ちにくいのが特徴です。一般的な矯正装置と設計は変わりませんので、幅広い歯列に適応が可能です。

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置は、取り外しができるマウスピースをお口に装着して、歯を少しずつ移動させます。マウスピースは透明な素材ですので、装着している状態でも周囲に気づかれにくい設計となっています。ご自身で取り外せるため、食事や歯磨きの際もストレスを感じることはありません。

ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正は、金属の代わりに透明なブラケットや白いワイヤーを使用することによって、歯の表面に貼り付ける装置を目立ちにくくする方法です。装置自体の設計は、一般的な装置を変わらないため、安定した治療結果が期待できます。幅広い症例に適応可能なことも特徴です。

短期間・低価格の部分矯正にも対応しています

当院では、「前歯の捻じれが気になる」「前歯の隙間を改善したい」「1本から数本の歯並びを整えたい」という方のために、部分矯正治療にも対応しています。部分矯正は前歯の数本の歯並びを整える方法ですので、全顎矯正に比べて治療期間も短く、費用も抑えられるのが特徴です。上記のような状態でお悩みの方はぜひ、当院の部分矯正治療をご検討ください。

マウスピース型矯正装置インビザラインで歯並びを改善

中延デンタルクリニックでは、マウスピース型矯正装置インビザラインを取り扱っています。患者さまの歯型・歯列を基に作成したマウスピースを装着し、少しずつ理想の歯並びへと歯を動かしていきます。以下では、マウスピース型矯正装置インビザラインの特徴についてご紹介します。

取り外しができる

取り外しができる

マウスピースはご自分で着脱ができるため、装置に食べ物が挟まったりすることなく快適な食事が可能です。また、歯磨きの際も隅々までしっかりと磨けるため、虫歯や歯周病リスクを抑えることができます。

矯正装置が目立たない

矯正装置が目立たない

マウスピース型矯正装置インビザラインは、透明ですので、装着している状態でもほとんど目立ちません。人前に出る職業の方や目立つ矯正装置が嫌だという方におすすめです。

違和感や痛みを感じにくい

違和感や痛み

マウスピースは0.5㎜と非常に薄いため、装着時に違和感を感じにくい設計となっています。また、マウスピース型矯正装置インビザラインは、一度に歯を動かす距離が短いため、矯正に伴う痛みも感じにくいと言われています。

金属アレルギーでも大丈夫

金属アレルギー

使用するマウスピースの素材は、ポリウレタン製です。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーのリスクもありません。もちろん、金属アレルギーの方も不安なく治療を行えます。

通院の回数が少ない

通院

マウスピースはおよそ2週間ごとに患者さまご自身が新しい物に交換します。治療経過のために通院が必要ですが、1.5~3ヵ月に1度でOKです。頻繁に通院ができない多忙な方におすすめです。

矯正後の歯列を確認できる

クリンチェックという専用のソフトによって、ご自身の歯がどのように動いていくのかをシミュレーションで確認することができます。完了後の歯列も確認できるため、モチベーションを高めて治療を開始できます。

口腔内スキャナーiTeroで不快感なく精密な型取りが可能

iTero中延デンタルクリニックでは、口腔内スキャナーiTeroを完備しています。iTeroはインビザラインのシミュレーションやマウスピースを製作する際に必要な口腔内のデータを採取することができる機器です。

従来のようなガムのような材料は使用せず、口腔内をスキャンするだけで精密な型取りができるため、嘔吐反射が強い方も不快感なく処置が可能です。

できるだけ歯を抜かない非抜歯矯正に努めています

非抜歯矯正

歯並びが悪くなる大きな原因は、歯と顎骨のサイズが合っていないことです。そのため、矯正治療では歯を綺麗に並べるため、抜歯して適切なスペースを得ることも少なくありません。ですが、将来的な咬み合わせなども考慮すると、抜歯をせずに歯並びを整えられることが一番だと考えています。そのため中延デンタルクリニックでは、歯並びの状態や口腔内状況にもよりますが、下記のような処置を行い、できるだけ非抜歯での矯正治療に努めています。

遠心移動

遠心移動

遠心移動とは、歯を今ある位置から奥側に少しずつ動かすことで、歯が綺麗に収まるスペースを得る方法です。マウスピース型の矯正装置などは遠心移動との相性が良く、効率的に歯を動かすことができます。

IPR法

IPR法

IPR法(ディスキング・ストリッピングとも呼ばれます)とは、歯のエナメル質をヤスリで少し削り、一つひとつの歯幅を小さくすることによって、歯が綺麗に並ぶためのスペースを得る方法です。削る量は0.2㎜~0.5㎜と僅かですので、歯の健康状態に影響はありません。

矯正治療をおすすめする歯並びの状態について

矯正治療をおすすめする代表的な歯並びの状態やリスクなどについてご紹介します。

叢生

叢生

叢生は歯が重なり、ばらばらな向きに生えている状態です。乱杭歯とも呼ばれ、八重歯なども含まれます。ケアが難しいため、虫歯や歯周病リスクが高くなることや見た目の問題があります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)は、上顎や上顎の前歯が前方に出ている状態です。前歯部分で物が噛みづらかったり、発音がしづらかったりという問題があります。また、見た目が気になり、コンプレックスに感じる方も多い歯並びです。

下顎前突

下顎前突

下顎前突は、下顎や下顎の前歯が前方に出ている状態です。遺伝や顎の発達が悪いことが原因でなります。上顎前突と同じ様に前歯で物が噛みづらい、発音障害などの問題があります。また、顎骨に負担がかかるため、顎関節症リスクが高くなります。

開咬

開咬

開咬(かいこう)は、上下の歯を咬み合わせた際に前歯が咬み合わず隙間ができてしまう歯並びです。前歯で物が噛み切れないことや口腔内が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病リスクが高くなるなどの問題があります。

過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)は、上下の歯を咬み合わせた際、上の歯が下の歯を覆うほど咬み合わせが深い状態の歯並びです。下の歯が上の歯茎に接触し、ケガをする可能性が高いです。さらに顎骨への負担が大きいため、顎関節症のリスクも高くなります。

すきっ歯

すきっ歯

すきっ歯は、歯と歯の隙間が大きく開いている状態の歯並びです。歯と顎のサイズが合っていない場合や元々の歯の数が少ないことで起こります。歯間に物が挟まりやすいため、虫歯や歯周病リスクを高めます。また、歯と歯の隙間から空気が抜けるため、発音に支障をきたす場合があります。

品川区中延で矯正治療(マウスピース矯正)をご希望の方へ

矯正治療

中延デンタルクリニックでは、歯並びや咬み合わせでお悩みの方が前向きに矯正治療に取り組めるよう、審美性に配慮した目立たない矯正装置などを取り揃え、患者さま1人ひとりに適した無理のない治療計画をご提案いたします。品川区中延で矯正治療(マウスピース矯正)をご希望の方はぜひ、荏原中延駅前の当院までお気軽にご相談ください。

中延デンタルクリニックLINE

トップへ戻る