• お子様連れでも安心!! ポイント1 キッズルーム完備 ポイント2 お手洗いにベビーシート完備
  • 歯科用CT完備!! ポイント1 より安全・確実な治療 ポイント2 治療期間・手術時間の短縮 ポイント3 治療費も削減
TOP > 当院の診療項目 > 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

成人矯正について

一般に歯列矯正というと、学童期の方の治療という認識を持たれてる方も少なくないと思いますが矯正治療は大人になってからでも手遅れではありません。歯を支える歯肉や骨がしっかりしていればいくつになってからでも治療は可能なのです。
特に最近は成人の患者様が非常に増えております。ご自身で歯並びを治したいという意思が強い分、治療もスムーズに進む場合が多いです。

成人矯正のメリット

年代別の特徴

20代矯正の特徴のイメージ
20代矯正の特徴

20代は新しい出会いがたくさんある年代です。だからこそ、歯並びを改善しましょう。人の第一印象は目元、口元で決まるといっても過言ではないのです。
また、歯並びは自分が思っている以上に人から見られているもの。人前で自信が持てるような人になるために、いびつな歯並びはきれいにしましょう。20代は大人の年代ですが、今から治療を始めても決して遅くはありません。

30代矯正の特徴のイメージ
30代矯正の特徴

働き盛りの30代。仕事や子育てで忙しい時期でしょう。しかし、歯並びの悪さは社会的な評価にも影響すると言われている現代、接客業の方をはじめ、多くの30代の方々が矯正治療を受けています。
また、お子様がいらっしゃる方は、子育てが一段落してから矯正を始められるケースが最近では増えています。

40代の矯正治療のイメージ
40代の矯正治療

現在、40代で矯正治療を受ける方が増えています。
「矯正治療は若い人がやるもの」という考えはひと昔前の話。きれいな歯並びは虫歯予防と全身の健康に役立ちます。頭痛や肩こりの一因は、歯並びの乱れが顎や肩を緊張させ、自律神経を圧迫するためとも考えられているのです。仕事も子育ても一段落できるこの時期こそが、矯正治療のチャンスです。

50代の矯正治療のイメージ
50代の矯正治療

正しい噛み合わせときれいな歯並びは虫歯予防になるのはもちろん、おいしい食事を楽しむことにつながります。
矯正治療に年齢制限はありません。一生涯自分の歯で過ごせることは大変素晴らしく、健康体であるという証明にもなります。

小児矯正

小児矯正のイメージ

お子様自身が歯並びや噛み合わせを気にして「治療したい」と言い出すことはほとんどありません。そのため、ご両親が意識的に取り組むことが大切です。お子様の将来を考え、少しでも気になるところがありましたら、矯正歯科専門医に相談しましょう。
また、通う医院を選ぶこともご両親の大切な役割です。お子様に合った治療計画はもちろん、費用や期間に関してもきちんと説明してくれる良心的な医院を見つけましょう。

矯正治療をするお子様の親御さんに知ってほしい事

お子様の矯正治療の開始時期

お子様の矯正治療の開始時期のイメージ

お子様の矯正治療は早く始めれば必ず良いと言うものではありません。しかし逆に時期を逸してしまった場合、治療方法が限定されたり、矯正治療期間が長引いてしまう場合もあります。

よって、お子様の矯正治療では、開始時期のタイミングを推し測るのが非常に難しく、お子様の顎の成長状態や、歯並びやかみ合わせの状態によって、適切な治療開始時期が異なります。

例えば、上下の顎の成長がアンバランスな場合は小学校低学年から。また、前歯にデコボコのある場合は小学校中学年頃より治療を開始するケースが多いですが、中には小学校高学年で永久歯交換が完了したあとに、治療を開始したほうが良いお子様もいらっしゃいます。上記は一例になりますので必ずしもすべてのお子様に当てはまるとは限りません。まずは気になった段階で矯正専門医のカウンセリングを受け、お子様の最も効果的な矯正治療開始時期がいつなのか相談する事をお勧めします。

小さい時のお子様の癖は要注意

指しゃぶりやおもちゃ・タオル・布などを噛む癖、舌を出す癖があると骨格のズレが生じて歯並びが乱れることがあります。
こういった悪い習慣は歯並びに徐々に影響してきます。ご両親が注意して見てあげてください。