歯周組織再生療法について②

皆様こんにちは!
荏原中延駅 徒歩1分 歯科医院 の
中延デンタルクリニック ブログ担当です(`ω´)

歯周組織再生療法についてまた書いていきます!

ポケットの奥のプラークや歯石が除去されれば、炎症は治まります。しかし、それまでに歯の周りの組織が大きく失われていると歯を支える骨などが失われているせいで、その後の歯の維持が難しくなります。このとき、歯を支える組織の再生を目的にフラップ手術と合わせてこな割れるのが歯周組織再生療法です。特殊な再生材料などを組織の失われた部分に入れて再生を促す治療法で、再生には時間がかかり組織の欠損の状態によって向き不向きはありますが、うまくいけば歯の寿命を延ばせる可能性があるのです。
人間のからだは、最近の感染から、からだ本体を守るのを優先します。そのため、歯周病菌が体の奥深くに入って感染を起こさないよう、体が骨を溶かす物質やコラーゲン分解酵素を出して、自ら組織を破壊していきます。その結果、あごの骨がとけてなくなっていき、歯周ポケットが深まり、歯が抜けます、、、。