妊婦さんと歯科について

皆様こんにちは!

荏原中延駅 徒歩1分 歯科医院 の

中延デンタルクリニック ブログ担当です(`ω´)

 

今回は、妊婦さんと歯科の関係について書いていきます!

「妊娠すると歯が悪くなる」とよく言いますよね。これ、実は本当のことなんです。

妊婦さんのお口の中は、虫歯菌や歯周病菌が増えやすい条件がそろうので、妊娠中、歯痛に悩んだり、歯茎を腫らすかたが少なくありません。

そういう時に気になるのが、歯科治療で使われる麻酔やレントゲン。「赤ちゃんに大丈夫かな?」と歯科受診を躊躇しているうちに、お口の中のトラブルがますます悪化してしまったら……

安心して治療を受け、大切な赤ちゃんのために十分に栄養を取って元気な赤ちゃんを産んでほしい、そんな願いを込めて、書いていきます!

 

まず、よく言われる「カルシウムを赤ちゃんに取られてしまうから歯が悪くなる」ではありません。妊娠されると、つわりが起こりますよね。歯ブラシを口に入れるだけで気分が悪くなってしまうかたもおられ、丁寧な歯磨きが難しくなったり、食べ物の好みががらりと変わることが原因とされています。

また、妊娠中はホルモンの影響で唾液が減ります。すると、お口の中を洗い流す自浄作用も、歯を修復する再石灰化作用も弱まるんです。

普段より虫歯になりやすくなる妊婦さんのお口。でもこれは、赤ちゃんの為自然に起きる変化ですから、虫歯になりやすいからと言って止められるものではありません。だからこそ、こういうときは歯科検診を受け、プロのサポートを得て大切な歯を守っていきましょう。

 

次回も引き続き、妊婦さんと歯科の関係について書いていきます!

ではまた!