唾液について その1

皆様 新年明けまして おめでとうございます!

荏原中延駅 徒歩1分 歯科医院 の中延デンタルクリニック ブログ担当です(`ω´)

本年も中延デンタルクリニックとこのスタッフブログをどうぞ宜しくお願い致します!

 

今回は唾液について書いていこうと思います。

当たり前のように私たちのお口に存在する唾液ですが、みなさん、唾液のこと 詳しくご存知ですか?

まず初めに、唾液は透明な液体なので水分が姿を変えたものだと思っている方もいるかもしれませんが、唾液はもともとは「血液」なのです。水分を摂取すると、胸骨やろっ骨などにある骨髄で血液が作られ、その血液が唾液腺にてだ詠へと作り変えられます。水を飲んで、それがすぐに唾液になる分けてはなく、まず血液になってから唾液にかわるんですね。

そして健康な成人の場合、唾液は1日に約1~1.5ℓ、実に500㎖のペットボトル3本分作られることになります。1日のうちでも唾液の出る量は変改sていて、特に就寝時に低下します。ちなみに、唾液の分泌量は加齢とともに低下していく傾向があります。

唾液が作られる唾液腺は、お口の中に大商複数存在しています。大きさにより「小唾液腺」と「大唾液腺」に分けられます。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つが「3大唾液腺」と呼ばれ、とくにたくさん唾液を作り出します。耳の下あたりの耳下腺をちょっと押してみてください。じわっと唾液が出てくるのを感じませんか?

また唾液の99パーセントは水でできています。が、残りの1パーセントに様々な成分が含まれているんです。成分は血液から移行してきたものだけでなく、唾液腺で新たに作り出されるものもあります。

たとえば ・リン酸、カルシウム ・アミラーゼ ・ムチン ・重炭酸 などなど………… たくさんありますね……!ご存知でしたか??

 

次回も引き続き唾液について書いていきます!ではまた!