仕上げ磨きについて①

皆様こんにちは!荏原中延駅 徒歩1分 歯科医院 の中延デンタルクリニック ブログ担当です(`ω´)

今回はお子さんの歯磨きの仕上げ磨きについて書いていきます。

仕上げみがき嫌いのお子さんって多いですよね。でも「押さえつけるのはかわいそう」とみがかないのはもっとかわいそう。むし歯で痛い思いをするのはお子さんなのですから。だからいまは割り切って、毎日仕上げみがきを続けてください。ちゃんと理解できる日は必ず来ます。大きくなったら聞いてみてください。「毎晩大泣きしたの憶えてる?」って!きっとすっかり忘れてますよ。ただし、痛くて泣いているのなら話は別。歯みがきの腕を上げるしかありません。

指を使って頬やくちびるをよけ、視野を確保して歯ブラシの動きを確かめながらみがきましょう。 よく見ずに動かすと、歯ブラシのヘッドが歯ぐきに当たったりしてとても痛いです。膝にゴロンさせ、必ず姿勢を安定させて行います。立ったままみがいてはよく見えませんし、お子さんが転んで歯ブラシでノドを突いたりしたら一大事ですよね、歯磨きどころではなくなってしまいます。ですから安全第一でお願いします!

おやつタイムの見直しもむし歯予防に効果が。それは、食べる時間を決めてパッと切り上げる、ということです。たったそれだけ?と思うかもしれませんが、ダラダラ食べるとそれだけむし歯菌にエサをやる時間が長くなってしまいます。それと、甘い物の魅力を教えるのはなるべく先送りしたいものです。上に兄弟が居ると難しいかもしれませんが……

意外と影響するのが飲み物。お子さんに身近なものでは、お茶や水、牛乳、豆乳以外の市販飲料はほとんどが酸性。歯を溶かすと思ってください。ほのかな果汁の味がついた飲物も要注意です。哺乳びんやマグでダラダラ飲ませないでくださいね。