• お子様連れでも安心!! ポイント1 キッズルーム完備 ポイント2 お手洗いにベビーシート完備
  • 歯科用CT完備!! ポイント1 より安全・確実な治療 ポイント2 治療期間・手術時間の短縮 ポイント3 治療費も削減
TOP > 当院の診療項目 > ムシ歯・歯周病治療

ムシ歯・歯周病治療

一般歯科

ムシ歯治療、歯周病・歯槽膿漏治療、抜歯、炎症処置、知覚過敏など。ムシ歯や歯周病は自然に治ることはありません。
痛くなくてもムシ歯は進行しており、痛くなってからでは削ったり抜いたりといった処置が必要になってきます。
ですので、ムシ歯も歯周病も「早期発見・早期治療」が大切です。定期的に検診やムシ歯診断を受けて歯の異常を見つけてもらい、自覚症状にとらわれずムシ歯と診断結果が出た場合は指示通り早めに歯医者さんで治療を受けましょう。

ムシ歯治療

痛くない治療のイメージ
痛くない治療

虫歯の治療を行う前に個別カウンセリングと治療方法についてご説明させていただきます。
痛みがある場合、まず痛みを取り除く応急処置をします。
その上で、なるべく痛くないように、天然歯を出来るだけ削らないように、患者様負担を最小限にした治療を心がけています。

虫歯の前兆のイメージ
虫歯の前兆

こんな症状があったら虫歯の前兆です。早めにご来院ください。

  • 歯の表面の溝が黒くなる、欠けた、穴があいた
  • 水や甘いものがしみる
  • 時々痛む
  • 舌でさわると引っかかった感じがする
  • 食べ物が同じ場所にひっかかる

虫歯はそのままの状態で放置しておくと、全身の健康状態に悪影響を起こす可能性があります。したがって、虫歯の早期発見と早期治療によって健康維持に努めることが大切です。

定期検診

歯や口元の健康を保つためには、何よりも日頃の虫歯予防が大切です。ただ、家庭では予防することが出来ないこともあります。よって、定期検診を受け、歯の状態を健康に保つことが大切です。
虫歯の再発防止の為にも、当院では定期検診はお勧めしております。

歯周病治療

歯周病治療のイメージ
歯周病とは

歯周病とは、歯肉についた歯垢(プラーク)の中の細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をジワジワと破壊していきます。

歯周病の悪化

歯周病の進行段階を大きく分けますと下記の4段階に分類されます。「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」
多くの方は、「歯肉から血が出る」といった自覚症状を感じられてからはじめて歯科医の診察を受けに来られるか、相談を頂きますがこのような症状があるときは、かなり進行している場合が多いです。

さらに、そのまま放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50歳代で「自分の歯がほとんどない」ということを未然に防ぐ為にも、日々の生活から、歯周病の予防を心掛けて頂ければと思います。

歯周病治療について

歯周病治療についてのイメージ

歯周病は50代を過ぎてから大きく差が現れてきます。
その後の快適な食生活や健康を維持できるようになるべく多くの歯を残せるようにしっかりと治療を行っていかなければなりません。

歯周病は、しっかり治療すれば治る病気です。
歯周病の直接的な原因は、歯周病菌の感染ですが、歯周病を悪化させる原因として、咬み合わせ、不適合なかぶせ物、全身疾患(肺炎、心臓病、糖尿病など)が影響してきます。それぞれの原因に対して、しっかりと治療しないと歯周病は治すことができません。

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れのイメージ
  • ブラッシング指導と食事指導などを行う
  • 歯周病の原因である歯垢、歯石を徹底的に除去します。

これで、初期の歯周病は治すことができます。しかし進行した歯周病に対しては、(患者様のご希望があれば)外科的歯周病手術を行い、完治させるケースもあります。
治療後のメインテナンスが歯周病に対して大きく左右しますので計画的で長期的なメインテナンスを行うことが大切です。

歯周病チェック

歯周病の症状

現在、日本人の約80%は歯周病であるといわれており、歯を無くす原因の一番の原因は、歯周病です。歯周病は初期段階では自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出てきたときにはすでにかなり歯周病が進行しており、治療が難しくなります。

項目
  • 1. 歯磨きの時に歯茎から出血する
  • 7. 硬いものを噛むと痛む
  • 2. 口臭がする
  • 8. 歯がぐらぐらする
  • 3. 口の中がネバネバする
  • 9. 歯茎が下がって、歯が長く見える
  • 4. 歯茎(歯肉)がはれている
  • 10. 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
  • 5. 歯茎(歯肉)が赤い、紫がかっている
  • 11. 歯茎(歯肉)がむずがゆい
  • 6. 歯茎から膿がでる

上記のような症状がある場合は、当院までお気軽にご相談下さい。